深谷の郷土文化のご案内


by nakazeriver

今日は雷

  日中強い日差しの36℃とても暑い日でした。

夕方になるとこれがまたひどい雷、たっぷりと雨が降りました

雷の後は急にあたりが涼しくなりました。

徐々に秋が近ずいてくるようです。

ねぎや白菜大根の芽も喜んでいると思います。

この間まいた白菜の芽がぞくっりとでてくることでしょう。


楽しみです。


近いうちに白菜の生育状況を知らせたいと思います。
[PR]
# by nakazeriver | 2012-09-04 20:52

利根川の恵みによつて

 
ここは利根川の扇状地赤城榛名の山裾に拡がった沖積層の上にある。


2万年も前の時代から赤城榛名の噴火や、利根川烏川の乱流氾濫によって培われた豊かな土壌である。


ところにより砂と粘土の混じりあつた地味のところ,ところにより砂利や砂の多いい痩せたところ


砂目が多く夏の日照りに弱い場所など所と場所により畑の力が変化する。


田方のように粘土質の土地で水を入れると米が同じように取れる土地と同様ではない。


そんな土地の性質から米には不向きな土地である。


また利根川から距離が近いため用水が直に引けなかつた。


水の取り口から川の氾濫の時に決壊の恐れがあるためだ。


そんな この土地に適した作物や農産物が 藍であり加工品としての藍玉作りであった。


それと蚕であり絹糸の生産売買や絹織物を織ること 、加工して


それを江戸や外国に売る産業や商売であつた。


それらは米と違いすべて換金作物であり


米を作る農村地帯とは違う 貨幣経済の地域を形成していた。

このことが経済も文化も先進性を生み桃井可堂や尾高敦忠、渋沢栄一などを中心とする幕末の


人材を生んだ。
[PR]
# by nakazeriver | 2012-09-04 06:57

写真の件

ロンドンの写真がそれぞれダブってしまいました。
[PR]
# by nakazeriver | 2012-09-01 23:04

栄一の考え

渋沢栄一は青年期尊王攘夷運動に共鳴討幕を試みた。

幕臣となりパリ万博に随行してからはヨーロッパ文明を吸収それを明治維新日本の産業近代化に組み込み

日本の近代化に貢献した。

その考え方の基本はフランスサン、シモンなどの思想をベースとして血洗島時代に岡部藩とのやり取りや藍

玉商売から得た究めて実践的合理的な考え方である。


しかしその考え方は論語や儒教を基本とした人間的な信頼関係に支えられている。

パリ万博のあとのヨーロツパ巡航では産業革命のさなかにあった社会をつぶさに目の当たりにして
近代社会 の矛盾と欠陥に直面した。これがのち教育や社会福祉への活動に繋がることになる。


労働者はもとより産業経営者も対等の信頼関係をもって取りまとめた。


産業に従事する人を近代的な市民 シチズンとして対処、産業経営者も対等なシチズンであり


人権を尊重する近代経営を主導した。


またそれにより市民の教養としての娯楽や演劇の支援にも力を尽くした。


病院や福祉施設もそのような考え方の根底から設置運営にあたったのである。




そのおおもとになる人格を養成するために大学や高等教育機関の設置育成に

力を尽くした。

近代会計を取り入れるため 一橋大学を設立し、日本の近代化にふさわしい女子教育のための日本女子大学など設立した。

欧米に文化経済面で追いつくためにも大学や高等商業学校などへの支援助成寄付などを惜しまなかった。

また大隈重信の要請で明治政府に出仕したことにより大隈とも密接な関係にあり、早稲田大学にも長年にわたり財政や経営の面で支援後援をした。

明治維新後西欧に追いつくために 栄一は日本人の 真の人格モラルの向上 と 個人それぞれの資質を高めるため    力を惜しまなかった。この実現が 近代国家を作るため必須の要件だと感じていた。

  論語とそろばん   はこれを一言で現わしたものである。




栄一はパリ万博のあとイギリスを訪問し産業革命後の近代産業や金融制度を勉強している。

ロンドン  Abbyロード
e0296840_17383472.jpg


     ロンドン  ビッグベン

e0296840_21535235.jpg

[PR]
# by nakazeriver | 2012-09-01 23:00

ススキと満月

今日は久しぶりに雨が降りました。

畑の野菜も生き返ったように緑が戻りました


夕方空を見上げると満月です。


昨日は210日きずけばススキも穂が空
e0296840_22184330.jpg
に向かって、満月を迎えているようです。
[PR]
# by nakazeriver | 2012-09-01 22:19 | 中瀬の河岸